Jack Russell Terrier

毛質: 黒、茶、黄褐色の模様よりも白が優勢でなければならない

子犬のうちは模様がさまざまですが、成長するにつれて毛足の長さや質、概観、体型などに個性が出てきます。  キツネ狩りを愛したイギリスのReverend Jack Russell牧師が、理想の猟犬を求めて、この賢く、勇敢で、粘り強く、エネルギッシュでコンパクトは犬種を生み出しました。体はキツネの巣穴にぴったりで、関節に柔軟性があり、垂れ下がった耳があり、ハンターが獲物と間違えないよう白い毛並みをしています。  品質を管理するために、ある飼い主は『一緒に荒っぽいことをしています。遊んでいるときに誰がボスなのか教えます。子犬のうちから訓練を開始することが大切です。成長してから訓練してもうまくいきません』と言っています。他の飼い主は『手に負えない奴と考えるよりは、その変わった性質を楽しんだ方がいい』と言っています。  この不屈の追跡者は、動く物を向こう見ずに追う傾向があります。車の流れに飛び出さないように注意しましょう。 かわいらしい外見をしていますが、非常に気が短くてわんぱくなので、残念ながら、誰にでもすすめられるという犬種ではありません。  名前と基準は流動的です。ACKでは2003年4月に名前をジャック・ラッセル・テリアからパーソン・ジャック・ラッセル・テリアに、犬種をテリアグループからmiscellaneous (種々雑多の意)クラスに変更しました(パーソン・ジャック・ラッセル・テリアという名前を利用しているケンネルクラブもあります)。KCでは、より長い脚を持ったものだけパーソン・ラッセル・テリアと認めています。 スムースタイプの被毛のケアとしては、週に1度はブラッシングをして、むだ毛を取り除いてあげましょう。ブロークンタイプは時々、ストリッピング(手で毛を抜くこと)が必要です。

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.