English Cocker Spaniel

毛質: 滑らかで、頭部が短く、体は柔らかくて濃い。色は幅広い。

17世紀に名づけられ、ヤマシギやアカライチョウの狩猟に利用されていた頃は、米国の犬種(この犬種の子孫)よりもわずかに大きく、鼻梁が高かったそうです。また、毛並みやアメリカン・コッカー・スパニエルよりも色が少ないけれど、滑らかで品があります。湖や湿地より内陸で狩猟をしていたので、ランドスパニエルとして知られていたこともあり、その犬種よりも小さい犬種は滅多にないと考えられているスプリンガー・スパニエルと関係が深いです。  小さいけれど強くてエネルギッシュで、学習能力が高く、ペットとしては理想的ですが、狩猟犬としての本能が色濃く出る個体もいるので注意が必要です。ある飼い主は『気分が良いときはアヒルのような尻尾やお尻を思い切り振ります。無邪気なジェスチャーと表情は口で言い表せないほど可愛いです』と言っています。けれど、その洗練された外見にも関わらず、とても信頼ができる働き者です。まだ狩猟犬として活躍しているものも多く、麻薬や爆弾の捜査もしています。  食欲が旺盛なので、食糧摂取量には十分注意が必要です。  滑らかな毛並みを保つには毎日のブラッシング、特に散歩後は必要で、耳も頻繁にきれいにしてあげましょう。

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.