Dachshund

毛質: 滑らかで長く、硬い。色は赤、マホガニーレッド、黒と茶褐色、チョコレートと茶褐色、まだら、トラ、ブリンドル。ワイヤーヘアードの色で許可できるのはイノシシとごま塩。

子犬は一般的に均整がとれていて、3-4週間ほどでホットドッグやソーセージのような形をした長い体つきになります。漫画で描かれたおかげで、この犬種は『ホットドッグ』や『ソーセージハウンド』というニックネームがつきました。毛の色は2ヶ月ほどで変わり、黒と茶褐色はそのままですが、赤毛は明るくなったり、クリーム色は金や赤に変わったりすることがあります。  嗅覚が鋭いので元々はアナグマの猟のために飼われていて(名前はドイツ語でアナグマ狩猟犬の意味)、ミニチュアタイプは巣穴から飛び出したウサギを狩るために誕生しました。生まれ故郷では、Zwerg Teckelと呼ばれています。  毛足の長いダックスフンドはスパニエルとの異種交配で生まれ、シュナウザーとテリアは他のダックスフンドと交配し、ワイアーヘアードタイプが誕生しました。この犬種の黄金比率は2:1で、体長は型までの高さの2倍が理想です。  また、一般的に陽気で愛嬌があり、少しわがままです。体は小さいですが、とても勇敢です。また、意外に声は低くて大きく、よく吼えるので、訓練が必要です。また、静かにさせておくことと、窓やドアには近づかないようにすることで、外の動きに対して吼えにくくなります。  さらに、その大きさにも関わらず、かなりの運動が必要で、動くものを追いかけたり、穴を掘ったりすることが好きなので、行動を監視する必要があります。また、自分の排泄物でも見境なく食べてしまうので、生活エリアは食べ物や小さいものをきれいにどかしておきましょう。 スムースタイプには最低限のグルーミングをしてあげましょう。ロングタイプには、週に1~2回のブラッシングまたはコーミングをしてあげ、必要に応じてトリミングをしましょう。 ワイヤータイプは、週に1回程度ブラッシングかコーミングをし、必要に応じてトリミングするとよいでしょう。年に2回はストリッピング(手で毛を抜くこと)が必要です

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.