Collie

毛質: 長毛(rough)もしくは短毛(smooth)。黒や白、三色(主に黒)、青灰色、白(黒もしくは青灰色の模様)

コリーは成長過程で鼻口部が長く、はっきりわかる風貌になり、毛色は濃くなっていきます。 コリーはスコットランドでは以前から牧羊犬として有名ですが、その起源と血統は謎に包まれています。一説によると、羊を集める牧羊犬は黒い顔と黒い脚を持っていたため、『すすけた犬』と呼ばれていたことから、『すすで黒い』という意味になったと言われています(当時の牧羊犬も真っ黒でした。その後、色は主に三色になり、青灰色がより一般的になりました)。現在、ラフ(長毛)とスムース(短毛)の2種類があります。 1860年、ビクトリア女王がスコットランドから持ち帰り、注目されるようになりました。そしてすぐに、黒と白の毛並が人気となり、評判が高まったのです。その後、『名犬ラッシー』が発行され、テレビシリーズ化や映画化されて有名になりました。スレンダーで洗練された長毛の毛並のこの犬は、世界中で愛されています。また、賢く、朗らかで、飼い犬としても、番犬としても優れています。 この犬は知らない人にはかなりシャイで神経質になりますが、家族には従順で、子供たちの良い遊び相手となり、きちんとしつけをすればペットとしては最適です。才能あふれる犬なので、敏捷性や服従訓練に適していて、訓練すれば吠えたりせずにおとなしくなります。この犬は思う存分走り回ることができる大きな庭があることが理想です。そうでなければ、走らせたり、長距離を歩かせたりすることが必要です。 生え変わりの期間に大量の毛が抜けるため、頻繁に念入りにブラッシングしてあげましょう。

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.