Bouvier des Flandres

毛質: 荒くて固くて濃く、眉毛、口髭、頬髯がある。色は黒から淡黄褐色や胡麻塩

ブーヴィエ・デ・フランドルの成長には2年以上の歳月を必要とします。ある飼い主は『この犬は独立心が強く、母親が側にいなくても、熟睡するので、手がかかりません』と言っています。  優しく、穏やかで、愛情深いブーヴィエ・デ・フランドルは元々牧畜犬(名前はフランダースの牧畜犬のフランス語)や北ヨーロッパのフランダース地域のパック犬として飼われていました。またVuilbaard(オランダ語で汚い髭)、Koehond(オランダ語で牧畜犬)、boeuf(フランス語で牛を操る犬)、chien de vacher(フランス語で羊飼いの犬)とも呼ばれています。勇敢で訓練しやすいこの品種は軍事用やスパイ用、密輸にも利用されていました。第二次大戦から復興を遂げた現在では、警察犬や盲導犬として活躍しています。  フランス人作家ウィーダの『フランダースの犬』に登場するパトラッシュはブーヴィエ・デ・フランドルです。少年と犬の友情を描いたこの物語は、信頼、裏切り、許しの哀話です。現在、2人の銅像はベルギーのHoboken Tourism Centerに建てられています。  骨格が大きく、丈夫で、信頼でき、穏やかで、飼い主に対して忠実ですが、他人に対しては警戒心が強いものの、訳もなく吼えたりしません。『この犬は人間とじゃれたりしません』とある飼い主は言います。『かけよったりすることも、顔を舐めたりもしません。まるで大きな猫のようですね』  この品種はとても賢く、運動能力が高いです。  毛がもじゃもじゃとした風貌にもかかわらず、毛はからまりやすく、金属製のブラシやくしでの日々の手入れ(グルーミング)が必要です。また、耳は定期的にきれいにしてあげましょう。

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.