Borzoi

この凛とした犬種は元々ロシアの森林地帯で狼狩りに利用されていた猟犬で、トロストイの著書『戦争と平和』に登場しています。ロシア革命前は、特権階級しかこの犬種を飼うことができず、その後、人気が低迷しましたが、ヨーロッパの他の場所で飼われ続けています。  激しい運動が必要なので、時間とスペースが要求されます。また、静かで優しいけれど、他の犬種ほど熱意が見られない落ち着いた性質は、です。まるでマナーのよい犬の見本のような犬種です。 一歩外に出ると、まるで野生に帰ったように駆け回り、小動物を追いかけることもあります。独立心旺盛なしっかり者ですが、繊細な面も持ち合わせています。  優雅に盛り上がった背部と深い胸板、長い脚で、遠くから駆けてくる姿は、小さなサラブレッドのようです。ほっそりとした体型は風の抵抗を受けにくいので、脚が速いです。美しくて優雅で、賢くて感覚が鋭い性質が、所有する楽しみをさらに高めてくれます。 基本的には室内犬として飼い、時々庭で自由に動き回らせてあげるというのが理想的です。  毛づくろいには時間をかけなければならず、寒い気候や雪から体を守るのに必要だった長く、ウェーブがかった滑らかな毛並みは毎日ブラッシングが欠かせません。

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.