ブリーディング・その35=遺伝性疾患:骨形成不全症

骨形成不全症は、易骨折性・進行性の骨変形などの骨脆弱性を示す病状に加え、小ぶり、骨折、脊椎の変形、成長障害、象牙質形成不全、難聴、関節・皮膚の過伸等、様々な程度の結合組織の病状を示す先天性の疾患です 一般的には、結合組織

Details

ブリーディング・その34=遺伝性疾患:溶血性貧血

溶血性貧血とは、赤血球が何らかの遺伝性素因(遺伝子欠損)で循環血中赤血球の崩壊が亢進する再生性の貧血です 先天性(遺伝性)と後天性がありますが、遺伝性の溶血性貧血はまれにしか発症しません 赤血球自身の異常により赤血球が破

Details

ブリーディング・その33=遺伝性疾患:緑内障

緑内障には、急性緑内障と慢性緑内障があります 急性緑内障は、急劇な眼圧(眼球の内部の圧力)が高くなり、眼に強い充血がおきて瞳孔が開いたままなどの症状がでます 外見では、角膜の浮腫で青灰色に見えたりします また、瞳孔の散大

Details

ブリーディング・その32=遺伝性疾患:外耳炎

外耳炎は外耳道に溜まった耳あかに細菌や酵母が繁殖して起こる病気です トイ・プードルは、遺伝的な体質と垂れ耳および耳の中まで毛が生えているため、どうしても掛かりやすくなってしまいます また、遺伝性疾患のひとつであるアトピー

Details

ブリーディング・その31=遺伝性疾患:血友病A(第VIII因子欠乏症)

出血がとまらなくなる血友病はまれな遺伝性疾患で、いろいろなタイプがあります 色々なタイプが存在するのは、血液凝固に必要な凝固因子が異なるタイプで欠如するためです トイ・プードルは、血液凝固に必要な因子(第VIII因子)が

Details

ブリーディング・その30=遺伝性疾患:股関節形成不全

犬の股関節は後足のつけ根あたりにあり、正常な場合、骨盤の乙凹部分に大腿骨の頭部分がしっかりとはまり込んでいます 股関節形成不全の場合、この凹部分が浅くて大腿骨がしっかりとはまらないで不安定な状態か、大腿骨の形がゆがんでい

Details

ブリーディング・その29=遺伝性疾患:球様細胞白質ジストロフィー

球様細胞白質ジストロフィーは、常染色体劣性遺伝を起因とする脳の障害です 別名クラッペ病と呼ばれ、子犬の頃から興奮や痙攣、全身の麻痺などが起こります 脳脊髄の両側性脱髄をきたす神経変性疾患で治療法がありません  

Details

ブリーディング・その28=遺伝性疾患:眼瞼内反症

眼瞼内反症は、先天的な奇形によって、瞼が眼球側に反転し、まつげが眼球表面を傷つけます その結果、角膜炎や結膜炎を併発し、涙や目やにが多くなり、目をたえずかゆがるような仕草をみせます また、後天的な要因として、老化による皮

Details

ブリーディング・その27=遺伝性疾患:異所性尿管

尿は腎臓でつくられ尿管によって腎臓から膀胱まで運ばれます 異所性尿管は先天的に尿管が膀胱以外のところの場所とつながっていることで症状が起こる病気です 尿は膀胱に貯めることができないので、常に尿を漏らしている状態になります

Details

ブリーディング・その26=遺伝性疾患:難聴

難聴は、音に対して無反応で、呼びかけにも応じなかったり、動きが鈍かったりします 中にはおびえて神経質になる場合あります 難聴には、先天性と後天性があります 後天性は、鼓膜の損傷やホルモン疾患、内耳炎や中耳炎の悪化や内耳神

Details
Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.