ブリーディング・その51=遺伝性疾患:網膜剥離

網膜剥離は、網膜の一部もしくは全部が眼底から剥がれてしまう病気です

多くは後天性で、事故や病気が原因で起こりますが、先天性の網膜形成不全もあります

症状が軽いとはっきりとした症状がなく、通常の日常生活を普通に過ごせるため、なかなか気付けずに発見が遅れることが多々あります

後天的な原因、たとえば炎症であるならば、網膜が剥がれる前に炎症の治療を行ってください

原因が先天的な奇形の場合、有効な予防法はありません

また、先天的であれ後天的であれ、いったん剥がれてしまった網膜に対しては、今のところ有効な治療法はありません

なるべく安静を保ち、頭部に衝撃を与えないような生活を送る必要があります。

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.