ブリーディング・その45=遺伝性疾患:血小板減少症

血小板減少症とは血小板が急激に減少して、体のあちこちで出血または内出血しやすくなる病気です

血小板が減少する原因として、ウィルス感染、薬物中毒、白血病、ウィルス感染、エストロゲン(未避妊のメス)や自己免疫介在などとされており、遺伝的な要因による遺伝性疾患とは言い難いという意見もありますが、多くの場合不明とされています

原因が不明で有り、予防も難しいので、早期発見、早期治療に心がけることが重要となります

Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.