Author archive: noahchan

Belgian Sheepdog PART1

1891年、ベルギーの獣医学の教授Adophe Reul氏が毛の色と質でベルギーの牧羊犬を分類しました。その分類を使わなければ基準は同一です。犬のクラブによっては、別の品種として認識しているものもあれば、4つのタイプ(あまり一般的ではない硬い毛のLaekenoisを含む)がある1つの品種として分類しているものもあります。タイプ間の交配は現在禁止されています。
 長毛のGroenendael種は、ブリュッセル近郊の城の名前から名づけられ、機敏で警戒心が強いです。

Details

Bearded Collie

毛質: 固い。下毛は柔らかくて濃い。長い鼻口部の毛は髭に似ている。色は青灰色、灰色、茶色がかった黄褐色、白に黒やオレンジの模様、目印や襟があるものもいる

ビアデッドコリーの子犬は、6か月頃までは明るくはっきりとした毛並を持ち、1年後には真っ黒な場所以外は落ち着き、大きな目を覆います。
 広大で寒い荒野で、雨や霧が多いスコットランド高地のこの品種は、長く、髭のような鼻口部の毛から名づけられました。ビアデッドコリーはhighland colliesもしくはhairy mountain dogsとも呼ばれていますが、起源や血統は明らかではなく、2000年もの間、牧羊犬として飼われてきました。
 紳士的で親しみやすい牧羊犬としての性質を持ったビアデッドコリーは徐々に人気が高まっていますが、仕事もしています。
『私たち家族が一緒に散歩に行くと、遅れをとることもあります』と飼い主は笑顔で語っています。『神経質になり、イライラすることがあります』と、別の飼い主は言います。
『ドッグランで別の犬を集めようとしていた犬もいました』
『飼い主を非難することはありません』と別の飼い主は言います。
飼い主の感情にとても敏感で、何気ない動作でその優しさを表現してきます。でも決して邪魔はしません。
 生後12-18か月までの毛並は柔らかく、もつれやすいので、慎重にブラッシングしましょう。3年ほどで毛質が変わってきます。

Details

Australian Shepherd

毛質: 直毛もしくはウェーブ。下毛は季節ごとに濃さが変化。首、胸、前脚の房毛はオスに見られる。色は赤灰色、青灰色、赤、黒で、白の模様や黄褐色の模様がある

がっしりとした小さな脚の上で飛び跳ねる丸い顔と、平らな耳! オーストラリアン・シェパードは動くことが大好きですが、ある飼い主によると子犬のときは走るというよりは跳ねているように見えるそうです。『どことなく走っている動きが上下します』 生後1-2か月で耳が立ち、端が前方へ垂れてきます。目は濃い紫色から明るい青もしくは琥珀色に変化します。
 その名前にも関わらず、オーストラリアン・シェパードはボーダーコリーとよく似ていて、最初は米国で育てられていました。けれど血統は不明です。オーストラリアから牧羊犬と共に渡ったヨーロッパ移民の子孫であるか、もしくは地球の反対側から直接血筋を引いているのかもしれません。オーストラリアの野犬ディンゴの血筋を引いていると考えている人もいます。
 オーストラリア人は犬を集め、優れた訓練を行ないます。今でも、米国では牧畜犬として活躍しています。タフでエネルギッシュで訓練可能な彼らは、体をかなり動かさなければなりません。
 このような機敏な犬は飼い主の考えに合わせる才能を持ち、飼い主に深い愛情を向け、家族の一員となります。また、縄張り意識が高く、【おしゃべり】が好きですが、吠え方は控えめです。
 毛づくろいは固めのブラシを利用し、毛玉ができやすいので注意して下さい(抜けると食べようとするので、慎重にきれいにしてあげましょう)

Details
0

Australiab Kelpies

Australian Kelpie
毛質: 短く、なめらかで、濃い。色は黒、黄褐色、赤、チョコレート、青灰色

オーストラリアン・ケルピーは、他の犬種と比較すると、より成長が早いようです。 「目が開くのも、耳が立つのも、そして乳離れするのも早い」と、多くの飼い主が言っています。
この犬種は起源も血統も明らかではありませんが、その名前が伝説的なスコットランドの水の精から名づけられたもの、もしくはその妖精の名前が犬からとったものだと考える人が多くいます。  同じ名前を持つスコットランドの先住民は、活動的で、賢く、勤勉で、スタミナを持ち合わせています。オーストラリアン・ケルピーの飼い主は『彼らは1日中動き回り、ほとんど眠らないようだ』と言っています。また、『とても真面目で、呼びかけには必ず答える』とも言っています。それは、先住民の気質を受け継ぐ犬のようだとも言う飼い主までいます。
牧羊犬に適したオーストラリアン・ケルピーは、状況判断に優れ、押し際、引き際を理解しています。 別の飼い主は『言われたことは必ずしてくれる』と言います。  このタフで不屈の精神を持った熱心な牧羊犬は1日で50㎞は軽々と走ることができます。そのため、日々の生活には長距離を歩かせる必要があり、運動量を満たすためにも走らせなければならず、肉体的にも精神的にもかみ合った課題を与えなければなりません。 しかし、この社会的適応力がとても高い犬種なので、訓練しやすく、さまざまなゲームや、遊ぶことの楽しさを教えることは、とても簡単です。  毛質は全天候型で、メンテナンスはあまり必要ではありません。

Details

ブリーディング・その32=遺伝性疾患:外耳炎

外耳炎は外耳道に溜まった耳あかに細菌や酵母が繁殖して起こる病気です トイ・プードルは、遺伝的な体質と垂れ耳および耳の中まで毛が生えているため、どうしても掛かりやすくなってしまいます また、遺伝性疾患のひとつであるアトピー

Details

ブリーディング・その31=遺伝性疾患:血友病A(第VIII因子欠乏症)

出血がとまらなくなる血友病はまれな遺伝性疾患で、いろいろなタイプがあります 色々なタイプが存在するのは、血液凝固に必要な凝固因子が異なるタイプで欠如するためです トイ・プードルは、血液凝固に必要な因子(第VIII因子)が

Details

ブリーディング・その30=遺伝性疾患:股関節形成不全

犬の股関節は後足のつけ根あたりにあり、正常な場合、骨盤の乙凹部分に大腿骨の頭部分がしっかりとはまり込んでいます 股関節形成不全の場合、この凹部分が浅くて大腿骨がしっかりとはまらないで不安定な状態か、大腿骨の形がゆがんでい

Details

ブリーディング・その29=遺伝性疾患:球様細胞白質ジストロフィー

球様細胞白質ジストロフィーは、常染色体劣性遺伝を起因とする脳の障害です 別名クラッペ病と呼ばれ、子犬の頃から興奮や痙攣、全身の麻痺などが起こります 脳脊髄の両側性脱髄をきたす神経変性疾患で治療法がありません  

Details

ブリーディング・その28=遺伝性疾患:眼瞼内反症

眼瞼内反症は、先天的な奇形によって、瞼が眼球側に反転し、まつげが眼球表面を傷つけます その結果、角膜炎や結膜炎を併発し、涙や目やにが多くなり、目をたえずかゆがるような仕草をみせます また、後天的な要因として、老化による皮

Details

ブリーディング・その27=遺伝性疾患:異所性尿管

尿は腎臓でつくられ尿管によって腎臓から膀胱まで運ばれます 異所性尿管は先天的に尿管が膀胱以外のところの場所とつながっていることで症状が起こる病気です 尿は膀胱に貯めることができないので、常に尿を漏らしている状態になります

Details
Top! Created by Dream-Theme — premium wordpress themes.